趣旨と活動内容 理事長の挨拶 清桃倶楽部の歩み おしらせ 入会案内

1. 理念と目的
 文化はその時代の民族性・社会性・経済性を多面的に示すものです。
 本倶楽部(以降 本会)は 文化の重要な一面である「美術・工芸」の創り出す“感動”が日常の社会生活・企業の経済活動等に“無限の潤い”を与えていることを理解し、“感動”の創作者と享受者が共に“感動”に対する感性を磨いて文化の発展に寄与することを目的とします。

 日本は明治以来 政府の経済・産業最優先の方針や支援と国民の理解によって 世界に類する経済発展を達成してきましたが、一方で文化への配慮に欠けた時代が続いておりました。このため 人々は経済的・物質的には豊かになったものの、精神的には満たされない 真の豊かさを充分に感じられない状態が続いています。
 日本社会に求められているものは 日本のみならず世界での先人が創造・維持してきた文化を理解し 新しい文化を創造・育成して 心豊かな文化社会を目指し 世界文化の価値を共有できる国家になることです。文化は人々の心・生活から生まれてくるものであり、文化の創造・育成は民間の力・努力で進められるべきものと思料されます。
 本会は 文化の中でも「美術・工芸」を中心に そこから得る“感動“をさらに深め、共感する仲間を作り、文化育成に貢献することを狙っています。

 

2. 活動
設立の趣旨に従い イセ文化基金(東京都 中央区)の支援を得て 以下の活動を中心に行います。

(1) 美術館・オークション等での展示会・内見会を利用して「美術・工芸」の鑑賞会を定期的に開き、いろいろな分野の作品を自由な感性で味わい楽しむ機会を提供します。
 
(2) 上記鑑賞会・内見会等を通じて各作品からの“感動”を話し合うなど 「美術・工芸」の感性を高める人間関係を作る環境を作ります。
 
(3) 適時 各作品に関しての専門家を招き 作品やその時代背景等の講義をしていただきます。
 
(4) HP(イセ文化基金home page…http://www.isefoundation.org/)を活用し 情報を提供します。
 

3. 運営に関して

(1) 毎年度の総会で 会員の互選により理事長1名・副理事長1名・監事1名を選出し 選出された3名および事務局で 本会の運営をします。
 
(2) 年度は 4月1日より翌年の3月31日とします。
 
(3) 事務局をイセ文化財団(東京都)内に置きます。
(清桃倶楽部事務局
 〒104-0028 東京都中央区八重洲2−1−1 ヤンマー東京ビル九階
 イセ文化財団内
 Tel 03-3516-8711)
 
(4) 新入会員の資格は 現会員の推薦で理事長・副理事長の承認を必要とします。
 
(5) 本会の諸活動の運営費として 入会時に金3万円也、年会費金1万円也、さらに総会・例会時の参加者には参加費用(実費)を徴収します。
 
以上
   
   



seito@isefoundation.org
Copyright (C) 2002 by ISE Foundation.
 All rights reserved. Reproduction for personal use is permitted.
 All other uses are prohibited without the formal authorization of  ISE Foundation.
mailto:seito@isefoundation.org